柔道整復師の資格があるなら

女性の進出

肩を押す

柔道整復師は男性の職業であるというイメージが強いですが、近年では女性も進出してきています。業界の活性化にもつながり、性別問わず利用しやすくなったという声も多くなってきています。

More...

働きながら

肩こり

柔道整復師は専門学校に通う小音で働きながらでも学ぶことが出来ます。3年間しっかりと学ぶことで受験資格を得ることも出来ます。学費が安ことで家計にも負担をかけずに専門知識を学ぶことが可能です。

More...

足の施術

目指すために

柔道整復師を目指すためにはそれなりに知識が必要となり、専門学校などで学ぶことになります。国家資格を取得することで柔道整復師になることができ、整骨院などを開業することも可能です。

落とし穴

柔道整復師になるためには専門知識を学び国家資格にパスする必要があります。資格を取得すれば一人前の柔道整復師になれるかというとそうではありません。座学で学んだり研修で学ぶ内容というのは基本的に形式的な内容で、実際に臨床現場に立つと驚くような現実を突きつけられる事があるでしょう。例えば診断や施術自体は正しい場合でも患者が満足しないという場合があります。既に治療が完了しているという場合は非常に困るでしょう。こういう状況は普通は学校で学ぶことはありません。ですが日常茶飯事で実際に起こっています。こういう時は患者にもう治っているということをしっかりと説明をする必要があります。人の体は非常に複雑でありまた単純です。例えば脚が痛くて整骨院に訪れたという患者は脚が痛いという状態を強く記憶しています。そしてこの記憶は治療が完了した後も強く残っており、痛いはずはないのに歩いてみると痛いと感じることがあります。脳の思い込みの現象の1つですが、これを知っているのと知らないのとでは大きく治療の満足度に影響します。

柔道整復師は様々な患者を前にして治療を行います。夫々の人によって痛みの感じ方も治療の満足度も変わってきます。臨機応変に対応することが出来て初めて一人前と言うことができ、またどういう状態で悩んでいるのかをいち早く見極める力も身につけることになります。こういった経験は実際に就職して初めて経験することになりますが、できれば早めに知っておきたいでしょう。専門学校などでも付属の接骨院がある場合があります。こういった施設で研修すれば実際の仕事の内容を知ることが出来る上に、前述したような教科書では教えてくれないことを身を持って体感することが出来ます。専門学校選びも大切になってくるでしょう。